ケータイ小説 野いちご

向日葵だけが知っている


花言葉二 私を忘れないで

あの日からボーッと、気がついたら一日が過ぎていく。

…別に何もないけど、やっぱりなにかが毎日に足りない。
「おはよう。」

今日は珍しく、朝出るのが遅い。居間には妹のひまりもいた。
「そういえば、ひまり部活何入ったの?」

一年生は仮入部期間のはずだ。

「演劇部に入った。」

演劇部…。直樹のところだ。
そっか…。
「じゃあ、工藤直樹って知ってる?」

「…いや、知らないけど。」
「…そっか。」

何言ってるんだろ。私。

< 86/ 252 >