ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

once again

これも業務命令ですか?
蓮side

拒否権はない、参加しろ。

そうは言ってみたものの、本当によかったのか、疑問符があった。
明らかに、彼女はパーティ、と聞いて動揺していた。
必死に隠そうとはしていたが、動揺しているのが、手に取れた。何かあるのか、それとも…
普段なら、こんなに気にもしない事だが、高瀬の事になると、違うような気がしていた。
匠がちょっかいを出せば出すほどだ。

まだ、俺の秘書になって一週間も経っていないのに、仕事を把握し、先に動く。緊急性のある連絡、そうでない連絡を分ける能力。

昨日は、早く帰ってもらいたい来客に対して、うまく話を切り出して、帰してくれた。
それは匠が、俺の顔を見ていつも判断してくれていたのに、高瀬がまさかそこまでするとは思ってもみなかった。

あの時、高瀬は

「氷室室長から、こんな時は、って顔色をよく見てやったらいいから、って言われたので、やったんですけどよかったですか?怒られるかと思ってたんですけど」

と言っていた。
あの程度の説明で、どうしたらそこまで出来るんだ?

初日から、秘書としてのスキルがありすぎる事に、目が離せなくなっていたのは事実だった。

< 63/ 223 >