ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

蒼の花と荒れる野獣

Second
痛みを伴う宣告。


「本当に逢いたいから、離れたのか?」

「嘘にきまってるでしょ」

昨日も会った連中に、また会いたいなんて思わない。

うちを散々荒らして行った彼らに。

「だろうな。やっぱ、まだ触れて欲しくねえか」

琢磨も分かっていたようだった。

「でも、あの人達ズカズカとあたしの中に入ってきそうなの。それがすごく嫌い」

「お前にはいいと思うけどなあ」

彼は呑気に答えた。

なんだか、ムキになって琢磨から顔を背ける。

「余計なお世話なのよ」



「それが今のお前が欲しいもんじゃねえのか?」



琢磨が、いきなり真剣な眼差しであたしを見つめた。

ドクンとおかしな音を心臓がたてる。


それがあたりの合図、かはわからない。


< 68/ 471 >