ケータイ小説 野いちご

蒼の花と荒れる野獣

Fourth
愛しいあの人を。




「和佳菜、平気だったのか?本当に怪我はそれだけか?」

倉庫に逆戻りすると、みんなが随分心配してくれた。

どうやら、仁が電話で先に伝えていたらしい。

いつやったんだろう。

あたしが知らぬ間に。

仕事が早いこと関心する。

「うん、大丈夫よ。本当にこれだけ」

「無駄に隠したりするなよ。すぐに分かるんだから」

「だから、隠してもいないから。何度言えば信じてくれるの」


そして、さっきから心配性の綾が止まりません。


ずっとあたしの心配ばかりしている。

全身をじっくりと見たり、肩や腕に手を置いて気を張りながら丁寧に調べている。

そんなことをしたって腕の傷以外には何も出てこないのだけど。

いい加減やめてくださいね。

< 210/ 471 >