ケータイ小説 野いちご

新選組と封印された天狗少女

新撰組

あれから新八達に剣術をみせてもらった。それは中々のものだった。
あれが、新選組か。
総ちゃんはなにかの仕事に出ているようで、部屋にはいなかった。

ガラッ

誰かが部屋に入ってきた。

「沖田……どなたですか?」

部屋に入ってきたのは、見覚えのない人間だった。

「お前こそ誰だよ」

私は布団から出て、そいつと距離をとる。

「僕は、斎藤一です。新選組三番組組長してます。あなたは……沖田の着物を着ていますね。沖田の女ですか、小さいですね」

総ちゃんの女?どういうことだ?

「沖田をみなかったか?」

「今日は仕事に出ると言ってた。今夜は帰らないそうだ」

「そうか。ありがとう」

斎藤一か。性格悪そうな顔をしていたな。今日はもう、寝るか。

「千夜ちゃん!」

「新八……?」

斎藤一が帰ったと思ったら、次は新八か。

「千夜ちゃん、お話しない?」

「いいけど」

私がそう言うと、新八は私の隣にきた。

「なんかさ、ききたいことある?」

「……新八は、妖怪をみたことがあるか?」

「妖怪?あることはあるよ」

あるのか。ここらの妖怪だと、小豆洗いとかか。

「天狗をみたよ、一度だけね」

「天狗……?」

新八は、天狗をみたことがあるのか?天狗は少ししか生息していない。もしかして、私か?

「うん。綺麗だったよ」

綺麗?天狗を、綺麗と言ってくれるのか?人間は、天狗のことを嫌って憎んでいるとずっと思っていたのに。

「どこでみたんだ?」

だって、気になるだろ。もしここら辺だったら私だ。ここらに天狗は私しかいないもの。

「小さい頃、ここら辺で天狗に救われたことがあるんだ」

救われた?それに、ここらってことは、私という可能性が高い。

「昔、大人達にいじめられていた時のことだよ。天狗が来て団扇をひょいっと扇いだんだ、そしたら大人達はその場に倒れちまってさ。でも天狗はいつの間にかいなくなってて……」

いつのことだろう。思い出せない。人間は人間でも小さい子は好きでな、よく助けていたな。でも、思い出せない。

「そうか……」

「千夜ちゃんの友達だったりするの?」

友達、か。そんなの、今まで一度も出来たことないよ。天狗は常に『孤独』なんだから。そして、いつも孤独と戦っているんだ。

「ううん、違う。ただききたかっただけ」

人間のような低民を羨ましいと思ったことはない。こんな汚らわしいやつらなんかに。だけど、一度でいいから友達を作ってみたいとは思ったことがあった。なんたって人間には友達がいるからな。

< 6/ 7 >