ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

甘えないで榛名くん。

後輩の楓くん。




「はぁぁ……」


榛名くんとの同居が始まってから2週間くらいが過ぎようとしていた。

今のところ、そんなに目立った事件は起こらずにきたのに。



わたしのほうで事件が起こってしまった。


「中間が絶望的だ……」

「雛乃はいつもテスト絶望的じゃん」


今は放課後で、帰りの準備を終えて杏奈と教室に残って中間テストのことについて話していたところ。


「そんなはっきり言わなくても」

「事実じゃん」

「そりゃそうだけども!」



全教科危ないけど、その中でも数学が壊滅的にできない。


他の教科は暗記すればなんとかなるって乗り越えてきてるけど、数学はそうはいかない。


だから嫌いなんだよなぁ…。


「あんな〜、数学教えてよ〜」


「いや、むりむり。雛乃の数学の出来なさはわたしじゃ手に負えない」


「そんなぁ」


< 51/ 391 >