ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

甘えないで榛名くん。

ただの後輩なんかじゃない。




「……ん」


カーテンから入ってくる光の眩しさで
眠っていた意識が戻ってきて、朝を迎えた。


目を開けると、まぶたがとても重たい。



目を開けているのに、あまり開いているような気がしないくらい。



……昨日、あれから部屋に戻ったわたしは、わけもわからなく、ただひたすら泣いていた。


自分でも、どうしてこんなに涙が出てくるのか、わからなくて、


胸がすごく苦しくて、泣いて泣いても、
苦しさが晴れることはなかった。



ベッドから身体を起こして、部屋にある鏡で顔を確認すると、まぶたが腫れていた。


……ひどい顔。


こんな顔じゃ、何かあったっていうのが丸出しだ。



幸い、今日は土曜日で学校がないだけ救いだったかもしれない。


こんな悲惨な顔で外に出られるわけがない。



とりあえず、まぶたの腫れをとるために、
洗面台へ向かい、濡れたタオルを用意した。


そのまま部屋に戻り、ベッドに横になり、
濡れたタオルをまぶたにあてる。


< 192/ 391 >