ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【番外編】人気者の上原はいつも不機嫌

小さな悩み





「うーん………」



「どうしたの?真菜(まな)。
眉間にシワが寄ってるけど。」



「えぇ!?うそっ!」
「嘘じゃねぇよ。ブッサイクな顔してる。」



心配そうに聞いてきたのが、私の親友である三嶋 夏帆(ましま かほ)。



見ての通り本当に優しい。



そして夏帆の隣に座る、男。



上原 海斗(うえはら かいと)、こいつが今私をブスと言った張本人だ。



「ブスなのは自覚済みだけど上原に言われたら腹しか立たない!」



思いっきり上原を睨んでやるけどこいつにはきかない。



そんな私たちを見て、夏帆があたふたする。



「ほ、ほら2人ともやめなよ……!
特に海斗くん、女の子にブサイクは厳禁だから!


真菜は美人なんだからね!」



「夏帆………。」



私をフォローしてくれる夏帆が天使にしか見えない。





< 1/ 145 >