ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

大好きな彼は超能天気ボーイ

お願い!一度でいいからデートして!

文化祭…楽しかったなぁ、なんて終わった今でも感傷に浸っている。


「梨乃、ね、聞いてる?」


「えっごめん、聞いてなかった。」


心ここに在らず。その言葉がしっくりくる。
だってもうイベントないんだもん。


次のイベントといえば、クリスマス。
あと3ヶ月もある。


「全く!」

「どうせ早苗の惚気でしょ?もう聞き飽きたよ。」


ずっとあの西田くんの告白を無限ループに自慢する早苗。


嬉しいのはわかるよ。でもそれにも限度があるんだよ。



「ひっどーい!あの告白はやばかったんだからね、」


「うん知ってる。ていうか私も聞いてた。」


「はっ!?そうなの?」


「ついでに、功もね。」


「えー!じゃああの後チューしたのも?」


「うん。」


「は、恥ずかしい…。」


「でも幸せそうで何よりだよ。」


「じゃあ梨乃は?」


パッと話を切り替えた早苗。

「えっ私?」


「そう。功くんとデートとかしないの?」


「そういえばお祭り以来してないなぁ、
この前も言ったけど、お家ばっかだし…
それに功はすぐ寝ちゃうし…」


「あらあら、色々不満が出てきましたね。
梨乃さんは欲張りですね。」


「そーですよ。私も欲張りなんです!」


「じゃあ誘ってみなよ。
お願い!一度でいいからデートして!
って。」


「んー、わかった!してみるね!」






< 137/ 174 >