ケータイ小説 野いちご

たとえ、この恋が罪だとしても。

*私は、気持ち悪いですか?









今日は、中間テストの結果が出る日。

全ての教科の点数や、学年順位が書かれた結果の紙を、教室で生徒全員に山崎先生から手渡される。


「白石!よく頑張ったな!」

嬉しそうな表情の山崎先生から、中間テストの結果を教卓の前で手渡される。

「まさか、ここまで白石ができるとは思ってもなかったよ」

山崎先生の発言に失礼だなと思いながらも、自分でもその結果に驚いた。



学年順位 35/158人中
クラス順位 6/32人中

光太郎と勉強した時には、絶望的だった中間テストが…お兄ちゃんにみっちり3日間教えてもらっただけで、こんなに伸びるとは思ってもなかった。



「この調子で、来月の期末も頑張れよ。じゃあ、次…」

山崎先生が次の生徒の名前を呼ぶと、教卓の前から自分の席へと戻る。



< 137/ 221 >