ケータイ小説 野いちご

たとえ、この恋が罪だとしても。

*妹であること








翌朝ーー…




「真優、ごめん」
早起きをして、光太郎が家から出てくるのを待っているつもりだったが、先に光太郎の方が私の家の前で待っていた。



「…光太郎…その顔…」


昨日あった出来事よりも、今朝見た光太郎の顔に驚いた。


左頬が腫れ、口元が切れている。



「昨日、涼真先輩に殴られた…」

「え!?」

だから、お兄ちゃんも怪我をしてたの?


けど、光太郎の顔の方がひどい。


「あんな怖い顔をした涼真先輩、初めて見た。まぁ、俺が悪いんだけどさ。…真優、本当にごめん」


光太郎が深く頭を下げた。


「…ううん。私こそ、ごめん…光太郎の想いに、全然気づいてなくて。私も、お兄ちゃんに注意されたから」


「え!?真優も!?」


驚いた顔をした光太郎が、勢いよく顔を上げた。



「うん。ああいう格好で行く私も悪いって…」


¨もう、子供じゃない¨

お兄ちゃんは、そう言った。


「さすが…涼真先輩…いや、全部俺が悪いんだけどさ…」

光太郎は感心しながらも、うなだれている。



「光太郎…私はー…」



そう話出すと、光太郎はうなだれていた顔を上げた。



ぎゅっと自分の手を握り締め、話す決意をする。





「光太郎の想いに答えることができない」



真っ直ぐ、光太郎の目を見て言った。





「…ごめん」


最後のごめんは小さな声になってしまったが、正直に自分の想いを伝えた。






< 117/ 221 >