ケータイ小説 野いちご

たとえ、この恋が罪だとしても。

*お兄ちゃんの彼女。








「真優ー?早くしなさいよ!入学式、遅れるでしょ?」

「わかってるよ!」

自分の部屋で、まだパリッとしている新しい制服に着替える。


「うわぁー…」

鏡を見て、自分のセーラー服姿を見た。


今日から中学に入学する。

小学校の時は私服だったから、制服を着るのは緊張する。


「なんか…少し大人になったような気がする」


色んな角度から、鏡を通して自分の姿を何度も見てしまう。



コンコン!

「…おい、真優!」

「!」

ドアをノックする音と、お兄ちゃんの声。


「早くしろよ。俺も遅刻する」


ドア越しから、お兄ちゃんが言う。



「わ…わかってるよ!すぐ行く!」


大きな声で返事をすると、兄が階段を下りて行く足音が聞こえる。


「…はぁ」


部屋の前に兄がいないことに、ホッとする。



ドキドキ、ドキドキ…



心臓がうるさい。










< 10/ 221 >