ケータイ小説 野いちご

あなたの心臓を私にください。

出会い

わたし、風間蛍は今日からこのお金持ち学園

洛陽(ラクヨウ)高校に転入する。





理由は親の離婚でも、転勤でもないよ。



私の使命を果たすため。






この年齢で殺し屋って自分でもおかしいと思う。

でも仕方がない。

だって私の父親が殺し屋だったんだもの

私にも殺しの才能があるみたい。







殺意いっぱいの心で私は今、校門の前に立つ






さぁ、始めよう


< 2/ 10 >