ケータイ小説 野いちご

七夕の出来事

番外編


あ、そう言えば

「ねぇ、桧央くん?」

「ん?どうした?」

どこに短冊飾ったの?

「ん?あー秘密だよ(照)」

「えー教えてよー」

「秘密っ!」

ずっーと聞いてても桧央くんは教えてくんなかった。
絶対見つけてやる!

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

そんな簡単に見つかるわけない。

絶対帆乃には見えない場所に置いたんだからなw




ホントの~END~



< 7/ 8 >