ケータイ小説 野いちご

愛は言葉で

暑い夏の日

「はぁ…あっつ…」

高校生になって初めての夏休み
中学ん時は友達とずっといたっけ

「散歩でも行こうかな」

私の家の近くには公園がある
そこに行って、元気に遊んでる子供を見てるとすごく温かい気持ちになる

「あ!かえでおねえちゃんだ!!!」
「かえでおねえちゃーん!!」
「ねえ!ねえ!あそぼー!!!!」

毎日、時間が空けば公園に行って子ども達と遊んでるうちに
かえでお姉ちゃんって呼ばれるようになって

「なにしてあそぼっか?」

「おにごっこー!」
「かくれんぼー!!」

< 1/ 11 >