ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

人気者の上原はいつも不機嫌

戻らない日常





次の日。


いつも通りの朝がやってくる。
私はご飯を食べ、準備をして制服に着替えた。


あと、家を出るだけ。


そう思った時、インターフォンが鳴った。
こんな朝早くから誰だろう?


なんて思ったけどお母さんが出たから気にしないでいたら……


バタバタとリビングにやってくるお母さん。


そんなお母さんは明らかに取り乱していたから驚いた。


「お母さん?どうしたの……?」


「ま、ま、真菜!!
あんたいつの間にか、彼氏なんていたの!?」


彼氏……?


そう言われ、なんとなく嫌な予感がしたけどまさかね……?




< 102/ 541 >