ケータイ小説 野いちご

『桜庭准教授的”好き”の理論《short ver.》』

最大要因

私が彼——桜庭准教授を知るきっかけとなったのは、高校二年生に進級したての頃だった。

いよいよ進路について、自分自身と向き合わなければならない時期へと入り、正直焦りを覚えていたのだと思う。

そんな時だった。

いや、そんな時でなければ、彼と私の出会いはあり得なかったのだろう。

だけど現実、当時の私は参考書を求め、偶然立ち寄った書店で、自分の人生を変えるきっかけとなった”とある一冊の本”と出会う。

その一冊の本こそ、私が現在通っている大学を志望するに至った最大の要因である。

そして、その著者こそ彼——桜庭准教授その人であった。

著書で語られる桜庭准教授という学者の思想に、すっかり魅せられた私は、次第にこの人の元で学びたいと強く望むようになった。

< 24/ 58 >