ケータイ小説 野いちご

神様のお告げ

僕は青い。


高校一年の春


僕は社会のことは何もわからない

株価がどうこうだとか、アメリカでテロがとか。






親に言われたから朝起きて、

親に言われたから学校に行って、

親に言われたから帰ってくる。


親が人生!みたいな生き方をしてきた僕に

喝を入れようと親が勧めた高校が
東京の『桜川高校』だ。

僕が住んでいるのは大阪で

とてもじゃないけど通えない。


親が僕に与えた試練は


一人暮らし だった。




< 1/ 7 >