ケータイ小説 野いちご

リョウオモイ

忘れたい人



私には好きな人がいました


名前は 柿坂 結真 - カキサカ ユウマ -


ゆうくんは幼馴染でした


幼稚園で私達は


いつもくっついてるから


夫婦だとからかわれていました


でもお互い


"好きだから"


と言って気に止めていなかったんです


それは小学生になってからも続きました


でも突然


小学4年の夏かな


「もう話しかけんな」


そう言われたんです


その時は意味がわからなくて


「私悪いことした?」


「したなら言って?謝るから!」


って、必死でした


でもそんな私の言葉を無視して


近くにいた男子たちと


「あいつの顔みた?かわいそー!」


と話しながら帰っていったんです



< 13/ 16 >