ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

天ヶ瀬くんは甘やかしてくれない。

天ヶ瀬くんはわたしを選ばない。




━━ピピッ…!


「……37.5か」

手元にある体温計を見て、そんなつぶやきが漏れた。

朝、珍しく早くに目が覚めて、身体のだるさがあった。

そして、熱を計ってみれば、体温計に示される微熱の体温。

もともと平熱は高いほうだから、これくらい大したことはない。

とりあえず身支度を済ませていると、いつもより早い時間に愁桃が部屋に来た。


……最悪だ。もう送り迎えはいらないって言ってあるのに、平気で迎えに来てるではないか。


「珍しく早く起きてんのな」

「愁桃に起こしてもらわなくても自分で起きれるから。だから、毎朝こうやって来てくれなくてもいいって……」


「天ヶ瀬になんか言われたんだろ?」

「っ、」


「俺はこれからも、ももと変わらず接していくつもりだから。アイツが何か言ってたって俺は知らねーから」


……自分勝手。
って、それはわたしのことか。


< 108/ 327 >