ケータイ小説 野いちご

先輩、大好きです。

lemonの香り



ーーーーーーーーーーーーーーーー


私が初めて好きになったヒトは…



冷たくて残酷でした。




私が彼を好きになった理由。




それは1つしかありません。





"あの子"を想う一途な所。





その切ない顔を見る度にーーーーーー





私は消えたいと、そう思った。




ーーーーーーーーーーーーーーーー

< 1/ 61 >