ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

真実の元姫は最強へ

教室
お昼休憩にて出会う


ーお昼休憩ー

凛音「蒼依頭いいねー。偏差値いくつぐらい?」

蒼依『70?とか?かな?わかんない。』
(実際私も馬鹿なので分かりませんby作者)

○○○「蒼依〜!まこっちゃーん。凛ちゃーん」

蒼依『悠葵さーん』
タッタッタッ

パンダ「悠葵さん。私たちの気持ちです。」
とパンダたちはお菓子を手渡ししてきて

悠葵「要らない。いくよ。蒼依 」

蒼依『はーい。』歩いていこうとしたらパンダ達から足掛けをされて転び

蒼依『ったぁ…』

悠葵「大丈夫?!」

○○○「「なにしての?お前ら」」

パンダ「ひぃ!」パンダ「紫暮さん。」
パンダ「陽葵さん。」

悠葵「大丈夫?」
蒼依『はい。そんなに痛くなかったし。』というが殺気がだだ漏れでその場にいた悠葵,陽葵,紫暮と覇龍ノ幹部数名だけ倒れなかった。その場にいた張炎は総長と副総長は汗をどっとかいていた

悠葵「殺気閉まって。」

蒼依『。あ。すみません。』

○○○「……お、お前名前は」

蒼依『十花蒼依。』 と言って蒼依は悠葵達と一緒に屋上に行き

鉚side ̄

鉚「あいつ何もんだ。十花って妃加が言ってたな。」

薫風「調べる?」

鉚「頼む、」

暖禾「女が絡んだ。!!!」

鉚「なんだこの殺気」

暖禾「薫風?裕翔?尚登?妃加??」

鉚「失神だな。この殺気量はやばいな、」

蒼依たちが出ていった後に

鉚「気になる」

妃加「気になるの?鉚。」

鉚「あぁ。虐めないだろお前のことは。出てきたか?薫風」

薫風「出てこない。なんにも出てこないぞ」

鉚「まじかよ。」

などと話していたことは私は知らない

< 14/ 14 >