ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

もう一度、恋して下さい!


先輩と朝倉さんに
俺の気持ちを言わなければ!!


「俺、悠樹の為なら、どんなことでもしようと思ったけど
中村につきまとわれるの辛くて
俺、こんなにも悠樹が好きなのに
悠樹を助けるのに、どうしていいか全然わからないんです」


「俺達で追い詰める
だが… お前と悠樹に飛び火しないとも限らない
もしもの時は、晄、悠樹を守ってくれ」


「もちろんです!!!」



先輩の封筒には、中村の情報
朝倉さんのには、探偵からの情報


「以前、探偵を雇って調べたんだけど
悠樹の中学は、名門だったから
いじめについて誰も教えてくれなかった
それで今回、もう一度探偵を雇った!
本多の中学時代から今まで
細かく調べた!」


朝倉さんが親指を立ててウィンクした












< 50/ 106 >