ケータイ小説 野いちご

【完】俺が幸せにしてやるよ

夏休み






海だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!





初だよ初!





沖縄の海って本当にきれい。




青!!って感じ。水の上にキラキラ光が光ってる。




「陽葵着替えに行くわよ」



美織ちゃんに声をかけられてちょっと落ち込む。



「うっ。はーい⋯⋯」




着替えるのが唯一の不安だったんだよね。





似合わないもん!!




でも、水着はこれしかないわけで⋯⋯これに着替えてすぐにパーカーを羽織った。





用意しててよかった。




「ちょっと。何パーカー羽織ってんのよ。馬鹿なの?」




もうこんな暴言にも慣れました。慣れって怖い。




「⋯⋯よし!行こう!」




「無視したわね」




い、いや~。な、何のことかな??




あはは




「あ、陽葵ちゃーん、美織ー!」




「あ、奈美さん!」




奈美さんのところに駆け寄る。




「場所取りありがとうごさいます!」




「陽葵ちゃん、そんなに堅くなくてもいいのに~」




いや、出会ってまだ三日もたってないですよ。




「それより、陽葵ちゃんなんでパーカー脱がないの?」




そこ聞かないで~。




「いえ、特に⋯⋯」




「じゃ、脱ごう!」




「え、いやです!」





< 142/ 273 >