ケータイ小説 野いちご

君が優しい嘘をつく日

君が優しい嘘をつく日


落ち着きを取り戻し 一度自分の家に帰ってきた。

もちろん 安静にするようにという忠告を受けて。


それから 俺は蒼が生きてた頃の事や

夢の中での出来事を 思い出していた。

それからもちろん 蒼が亡くなった時の事も。


蒼は病気で亡くなった。

もう助からない病気で余命宣告までされ

こんな辛くても 蒼は一度も泣かなかった。


色々思い出していると、ふと何かを思い出した。

蒼が最後に言っていた事。

「 机の引き出し 」

そこに蒼が残したものがあるのかもしれない。

確か、蒼は俺の部屋を入りたがっていた

なら俺の部屋の机の引き出しに入ってるかもしれない


そう思い、俺は自分の部屋へと向かった。


「机の引き出し」を次から次へと開け

何かないか探した。


そして空っぽの引き出しの中に

入っていた " 一通の手紙 "

封筒には文字が書かれていた。


「 …朝陽へ。見つけたら絶対読むこと。蒼より」


俺が必ず見つけると思ってたのかな。


俺は急いで 封筒を開け

中にある手紙を読んだ。








< 10/ 16 >