ケータイ小説 野いちご

夢は叶うんだ

ある日常

朝から天気が良く学校に登校してからずっと

屋上でのびのびしているわたし、品川はなは1

人で屋上にいた。あ、別に友達が居ないわけ

じゃないよ?また登場したら紹介するね!

こんな良い天気だと歌っちゃいたくなるな〜…

でも歌っても自分では上手なのか下手なのか

も分からない。ほんっと自分の耳恨む…


そんなネガディブでいても仕方ないことだか

ら1曲歌おうかな〜♪

そんなこんなでわたしは今日も歌えて幸せっ

!!

< 1/ 11 >