ケータイ小説 野いちご

王族の婚姻をなんだと思っていますか!


王弟殿下

***


なにをやってるんだろう、あの人たち。

目の前では、猛烈に嬉しそうな父上と、無表情なウォル殿下。

模擬刀を持ち、ガンガン打ち合ってる。

間違いじゃなきゃ、ここは騎士団の演習場で、騎士が切磋琢磨する場所だよね。

普通、騎士団の団長と、近衛兵団の団長が、試合をするところじゃないと思うんだけど。

騎士団の人たちは、怖いものでも見るように遠巻きにしてる。

「やあ、今日も楽しそうですね」

私の隣では、お供についてきた彼が、ニッコニコとふたりの動きを追っていた。

うちの父上はともかく、ウォル殿下が楽しそうにしてるとは見えない。

「何度か、こういったことが?」

聞いてみると、彼は眉を上げて私を見下ろした。

「これは侯爵令嬢、失礼いたしました。話をするのはこれが初めてになりますね。私はデートルードと申します。みんなルドと呼びますから、そう呼んでくださって構いません」

ルドさんは言いながら、気取ったしぐさで一礼する。

それから、ぴょこんと体勢を直すと、くったくない笑顔を振り撒いた。

「まぁ、だいたい殿下は“あのバカ”とか呼ぶそうですがね。母が殿下の乳母を務めた関係で、運よく殿下の乳兄弟になりまして、ついでに殿下の親衛隊もしております」

……ああそう。うん。よくしゃべるな、この人。

< 26/ 85 >