ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

それでも君を想い出す。

第1章
はじめまして

初めてみた君は、

なんだかとっても楽しそうで。

ああ、話してみたいな。

そう思う私がいた。





< 1/ 1 >