ケータイ小説 野いちご

プレイボーイ男子の溺愛方法〜早く俺を好きになってよ〜

*もう話してくれませんか?*
『もう付きまとわないから。』

*ひな子side*


あれから3日が経った……。


矢吹くんが教室を覗いては寝たフリをしてごまかす毎日。


会いたくないわけじゃない。


でも、嫌いって言っちゃった……

もう会わせる顔がない。


あの時、急に抱き締められてビックリした


だけど嫌だって気持ちより
恥ずかしい気持ちの方が勝っていた気がするの。


矢吹くんの顔を見ると普通にしていられなくて……


結果、矢吹くんを避けてしまっている

< 130/ 386 >