ケータイ小説 野いちご

【短】キミに好きになってもらう10の方法

10の方法
2つめ。









「ねえ光希くん」



「アンタ、しつこいですね」






3回目でやっと返事をしてくれた光希くんは、図書の整理をしている。




告白から1週間。


同じ図書委員会の私と光希くんは、丁度同じ日の当番になった。





「好きなタイプ教えて?」


「センパイ、口より手を動かしてください」


「え? 私がタイプ?」


「アンタ頭へーき?」





私は上段にある本に手を伸ばしながら

若干の馴れ馴れしさを嬉しく思ってにやついた。

重症かな?







「好きなタイプくらい教えてよ」



「しつこいですって」







その瞬間、脚立がぐらりと揺れ、




「……っ! バカッ」



着地点は、彼の腕の中だった。






「……ありがとう」



彼の顔を見ると、少し赤くなっている。


照れてる?




そう思ったすぐには、彼は真顔に戻り、眼鏡の位置を整えた。






「……好きなタイプは、バカじゃない人ですね。」




さっき、私にバカって言った後にそれ言う?







キミに好きになってもらう方法【その2】は、




彼の好きなタイプに近づくことだ。






< 2/ 10 >