ケータイ小説 野いちご

ウェディングドレス

諦められない

そんな寂しさも勤め先では、出せなかった。誰もが結婚するものだと思った。 ただ、流れてくる音楽をきくと涙がにじんで仕方がなかった立ち直れるのだろうか…。 無我夢中で仕事をする。少し日が過ぎて明るさを取り戻し始めた頃、彼の友達がやってきた。 別れた事は知らなかったらしい。 突然の事でゆかりもどう説明して良いのか解らなかった 彼の友達とは、彼に会いに行った時、一緒に遊びに行った事があって、それ以来初めてで、訪ねてくる事はゆかりに取って驚きだった。

< 13/ 39 >