ケータイ小説 野いちご

【完】溺れるほど、愛しくて。

お前しかいらない




《萩花side》



「なにここ…」



あれからバイクに乗って着いたのは家…ではなくて“BlackCity”の奥を進んで行った場所だった。



“BlackCity”は基本いつでも暗い。

でも、ここだけは唯一、太陽の光が差し込んでいた。


こんな場所…あったんだ。
初めてきた。


バイクから降りて、二人で古い今は使われていないコンテナの上に登って座る。


そこから見えた景色はとても綺麗で隣町が一望出来るほどだった。



「ここ俺の隠れスポット」



ふっ、と笑い景色をぼうっと見ながら言った。



「嫌なこととか逃げ出したくなった時に来んの。
そしたら、なんか心が綺麗になった気分になる」



少し、切なげに顔を歪ませた慶さん。
きっと、彼には彼なりの苦しさや過去があるんだと思う。


まだ、触れてはいけない。
開けてはいけない、パンドラの箱があるんだ。



< 147/ 311 >