ケータイ小説 野いちご

【完】私、新しく生まれ変わります!

文化祭
心菜side



そう、だったんだ。それが、本当のこと⋯⋯。



「じゃああの別れた時に言った言葉は?」




「⋯⋯嘘、だよ」



「なんで⋯⋯?」


嘘なんかついたの?別れてっていえば済む話じゃん。


「心菜、普通に別れようって言って別れたらまた俺に言ってくるだろ」



まぁ、あの時の私は振られてもまた好きって言いに行ってたと思う。



そのくらい、好きだった。


そのくらい、自分を出してもいいんだって思える人だった。



「だったら、普通じゃなくてキツめに言った方がすんなり別れると思ったんだよ。まぁすげぇ辛かったけど」



本当に苦しそうに、後悔しているように声を発する上野くん。



「⋯⋯上野くん」




< 223/ 263 >