ケータイ小説 野いちご

【完】私、新しく生まれ変わります!

花音の恋大作戦!!
南央side





プルルルルルル⋯⋯




突然かかってきた電話。それは隼人からだった。



隼人からの電話なんて珍しいな。



電話は大体俺からだから。



「もしもし」




『南央か?』



電話に出ると隼人の低音ボイスが耳に届く。



いいよなあ、俺もかっこいい声になりたかったわ。



「いや、俺の携帯に掛けたんだろ!」




何言ってるんだ、こいつは!




逆に俺以外が出たら大事じゃね?




『あ、そうだった。で、本題にいくんだけど』



あ、そうだったって。



隼人ってたまに抜けてるんだよなぁ。



まぁ、そういう所がいいところだけど。



「なに?」




< 112/ 263 >