ケータイ小説 野いちご

溺愛幼なじみと同居中♪(*+甘さ増加中*+)

*+secret1*+
*+大好きな幼なじみ*+-苺花side-

-苺花side-

「櫻井さん、付き合ってください!」


「……」


私、櫻井苺花は放課後体育館裏で知らない男の子から意味不明な告白を受けていた。


だって……私この男の子のこと
全く知らないのにどこに
付き合えばいいのかわからない。



「えっと……どこに付き合えばいいのでしょうか?」


かくんっと小首を傾げながら
聞いてみた。


なぜか目の前の男の子は「え⁉︎」と言って驚いている。


「だ、だから俺は-----」


がしっと手首を掴まれ何かを
言おうとした男の子。



< 1/ 382 >