ケータイ小説 野いちご

真白姫にガラスの魔法 続編

いつもの場所で恋に出会う!?

ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ


目覚まし時計が部屋に鳴り響きます。

ですが、起きる元気の無い八王子 悠は、そのまま放置いていました。

?「悠さまぁ!?休みだからといってもう9時でございますよ!?

八王子財閥のあととりなんですから、少しは自覚して下さい。

...って悠さま!起きて下さいっ!」

< 1/ 16 >