ケータイ小説 野いちご

とびきりの恋をあげる

とびきりの恋をあげる

 濃紺の空を背景に、星よりも眩しい光が輝いていた。
 目の前にあるのは、電飾に彩られた大きな大きなクリスマスツリー。
 隣で一緒に見上げている菊池くんは、かっこよくて、とびきり素敵な男の子だ。
 そのこともあって、知代(ともよ)の目には、これまで見たどんなツリーよりも美しいものに見えていた。
 菊池くんはおしゃれで、背が高くて、きれいな顔立ちをしていて、おまけに社交性が高い。そんなハイスペックな男の子が、地味系の知代とデートしてくれているなんて、信じられないことだ。


「付き合ってくれとは言いません。でも、一度だけでいいので、私とデートしてください!」

 二週間ほど前、知代はそう言って菊池くんをデートに誘った。
 彼女と別れたと聞いて、いてもたってもいられなくて、ほとんど衝動的にしたことだ。
 派手めのグループに属する菊池くんに、前から憧れていた。それに、二十歳までにデートというものをしてみたかった。だから、今しかないと思ったのだ。


「中沢さん、青色好き?」

 ツリーから知代にいつの間にか視線を移し、菊池くんが唐突にそんなことを尋ねてきた。その何だかいたずらっぽい表情に戸惑いながらも、知代はうなずく。

「よし。じゃあ、今からツリーの色を変えるから見てて」

 そう言って、パチッとウインクしてみせる。
 そのキザな仕草にドキッとして、知代の顔が赤くなったそのとき。
 それまで白く光っていた電飾が、一斉に青色に変わった。

「わぁ、すごい!」
「俺の魔法、気に入ってくれた?」
「うん! すごくきれい! ……すごいねぇ」

 小さく手を叩いて知代は喜んだ。目を輝かせる知代を見つめて、菊池くんもニコニコとする。
 でも、やがてちょっと困ったような顔になる。

「えっと……ごめんごめん。魔法っていうのは嘘。時間が来ると色が変わるんだ」
「え……」

 びっくりした知代を見て、菊池くんは申し訳なさそうにしていた。真相がわかって恥ずかしくなった知代は、また顔を赤くする。
 子供みたいにはしゃいでしまって、恥ずかしい。
 そんなことを思うのに、菊池くんは決して馬鹿にした様子はなく優しく微笑んでくれている。
 困った顔やそうやって笑う顔もやっぱりかっこよくて、知代はそんな彼とデートできている幸せを噛みしめた。

 ほとんど何の接点もなかったのに突然デートに誘った知代に、菊池くんは嫌な顔も怪訝な顔もしなかった。それどころか、「ちょうど予定が空いてるから、中沢さんさえよければクリスマスにデートしない?」とまで言ってくれたのだ。
 そのうえ、デートは初めてだという知代のために、デートプランまで考えてきてくれた。
 待ち合わせをして、映画を観て、ランチを食べて、ウィンドウショッピングをして、お茶をして、ちょっといいところで夕食を食べて……。そのあいだずっとスマートにエスコートしてもらって、夢のような時間を過ごすことができた。
 二十歳までに素敵な男の子とデートをするという、子供の頃からの漠然とした憧れが、思い描いたもの以上の形で叶ったのだ。

「中沢さん、楽しい?」

 柔らかく目尻の下がった目を細めて、菊池くんが知代を見つめて尋ねる。
 歩くときも歩幅を合わせてくれるし、さりげなく人ごみから守ってくれる。そして、常に知代が退屈していないか気遣ってくれるのだ。
 さすがは女の子の扱いに慣れているなぁとは思ったけれど、ちっとも嫌な気分にはならなかった。

「うん。すごく楽しいよ。初めてのデートが菊池くんとで、本当によかった」
「そっか」

 知代が本心から言って微笑めば、菊池くんも安心したように笑った。

「まだ、あっちのほうまでイルミネーションは続いてるから歩こうか」
「うん」

 そう言って、ごく自然に手を差し伸べられた。半日以上一緒に過ごして少し慣れた知代は、照れながらもその手を取ることができた。
 でも、手のひらに指先をちょんと引っかけるだけにしておきたかったのに、菊池くんは当たり前のように指を絡めてしまった。いわゆる、恋人つなぎというやつだ。

(手、つないじゃった! 恋人じゃないのに……!)

< 1/ 4 >