ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

零度の華 Ⅰ

あとがき


この度は、『零度の華 Ⅰ』を読んでくださりありがとうございます。


ここでは狼(ロウ)が殺人鬼として生きる姿を描きました。



誤字脱字などが多かったり、更新が遅かったりとしましたがここまで頑張れたのは読者の皆様のおかげです!


『零度の華』は第2弾へと続きます。



ぜひとも、『零度の華』第2弾も読んでくれると嬉しいです




<予告>


狼ーロウーは再び大胆な行動に出る


今まで関わってきた者に最後の別れ?


いったいどんな展開が待っているのか......





乞うご期待


応援よろしくお願いします



狼零

< 332/ 332 >