ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

零度の華 Ⅰ


想像創者(そうぞうそうしゃ)~像(つく)る者、創られる者~




朝、目覚めると水を飲むために台所へ向かう


ペットボトルを片手にとり、水を喉へ流していく

その時、玄関のドアが開く


あたしは台所に隠れ、ソイツがこちらへ来るのを音を立てず待つ


あちらもあたしに気付かれぬようにと忍び足で向かって来る





リビングに入り、あたしが隠れる台所付近で寝室を目にした

目指す場所へと足を進めるために一歩を出した時……



『動くな』



指で銃の形をつくり、相手の後頭部を突く



『バーン』


と、ふざけて銃を撃つマネをしてみた



案の定、雲雀は眉間にシワをよせてあたしを見ている


あたしは呑気に、雲雀の横を通りすぎペットボトル片手にソファーに腰を下ろす



『朝っぱらから何の用だ?あたしを殺しに来たか?』


ペットボトルの水を飲むとそれをテーブルへと置く



「殺せたらよかったがな」


『残念だったな』




そこで会話が途切れた





< 288/ 332 >