ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

零度の華 Ⅰ


月光~真夜中の闇~



空き教室から出て、向かった場所は応接室


PCを閉じカバンに入れると、それを持ち応接室を後にする



そして、学校を出るとポケットからバイクの鍵を取り出し、少し離れた公園へと足を進めた

歩いて5分のところにある公園に、バイクを止めている



バイクに跨り鍵をつけエンジンつけて、ある場所へとスピードを上げて向かう



バイクを走らせてること15分


いつもなら20分かかるところを5分も短縮できた



早く行くことだけを気にしていたせいで、大事なことを見落としていた




今の格好は制服で女の姿


このまま中に入るのは非常にマズイ


そう思い、バイクを止めた場所で着替えを始める

地下駐車場で関係者しか止めれないところだから、見られることはない



カバンの中からズボンとパーカーを取り出し、制服を着替えていく



< 21/ 332 >