ケータイ小説 野いちご

闇にいる女の子

タイトル未編集
出会いそして過去

-菜々side-

「菜々はSクラスだ」『Sクラスね分かった。』

そうだ…『つー兄。組って』「俺が組長になったよ」と翼

『そう…なんだ』「奏汰必死でお前を探してる。もちろんあいつらもだ。」

『そう…』なんで探すの私なんか…… 「でもまあ!奏汰も探すのもう止めることになるな(ニコッ)」『はい??』

「聴いて驚けここには、奏汰がいる!それと龍神もな」とドヤ顔のお兄ちゃん。

『何が…聞いて驚けだぼけえ!!!!!』「アハハ…」と笑う翼。

『まあウィッグとカラコンしてれば何とかなるかな』

「俺でも気づいたんだぞ?」『名前も変えてなんとか誤魔化す。…てかつー兄髪色染めた?』

「まあ一応先生だし、目の色は親父似だし」奏汰はそのまんまだよと言われた。

お母さんがハーフの人で私と奏汰、翼兄は髪色がミルクティー色。目は私と奏汰は薄い水色の目をしている。

「よし着いたぞ。呼んだら来いな?」『うん。』

つー兄は気づいてる。私に闇があること。心配したりなにかあると眉をひそめて笑う。わかっちゃうんだよつー兄。

うるさかった教室も翼が入ると静かになる。

「はいってこーい!」ドアを開けパンダと不良……女子と男子が座ってる方を向く。

『市川なのはです。』「…だけ?」『宜しくするつもりはサラサラないんで。』シーン………。

「…はあ。なのは後ろの席だか『サボる』おい!どこ行くんだよ!」『……屋上』ドアを閉める。屋上屋上屋上………は龍神の溜まり場だよ!!!と焦って追いかける翼でした。

< 3/ 37 >