ケータイ小説 野いちご

【完】このまま、俺に溺れちゃいなよ。

*あとがき*





どうも、皆さんSEAです…!(﹡ˆ__ˆ﹡)



この度はこの作品を最後まで読んでくださりありがとうございます( ; _ ; )♡



今回の作品は私にしては珍しいクールな男の子を書きました。



クールだけど、不器用でその中に優しさも持ち合わせていて



そして、好きな子にはとびきり甘い顔を見せる…そんな男の子を目指して書いていました。




真心に関しましては少しサバサバしていて真っ直ぐだけど、本当は強がりで恋愛にトラウマのある女の子をイメージして書きました。




二人には恋愛のトラウマがあり、それぞれ過去の恋愛があったからこそ二人でその悲しみを乗り越えられたのだと思います。






< 250/ 251 >