ケータイ小説 野いちご

私が貴方を好きになればなるほど貴方は私を嫌いになる

私はそれでも貴方が好き






とある日のルイ君家前。



『ルイ君!友達になってください!』


『、、、却下』



とある日の人だかりの外。in廊下



『ルイ君!葵とお友達になりましょう!』


『、、、』


『あんな何言ってんの!立場わきまえなさい!』



とある日の授業後、、、


『ル、、』


『どきなさい!』



とある日の、、


 
とある日、、






< 31/ 183 >