ケータイ小説 野いちご

【詩】春の道

春の道



暖かくて
重たい上着を
脱いだ。

空を見上げたら
視界には
眩しい
緑が光っていた。


< 1/ 8 >