ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

夏、泡沫に消える

プロローグ

プロローグ  はじまりのさよなら
 
  僕にとって
 夏という季節が特別になったのは
 
  いったい
 いつの頃だっただろうか。


  僕が嶌本由宇と出会った日も
  夏だったが

  彼女と別れたのも
  夏だった。



 

< 1/ 1 >