ケータイ小説 野いちご

栄冠は君に……

しあい Ryu


いつもではない。あの子がいるのは。

たまに、フェンス越しに試合を見ている女の子。

初めは中学生くらいかと思っていた。


「1年生です」


そう言われた時には、ちょっと驚いた。

野球部のコーチである俺にとって、生徒は野球部のやつぐらいしか面識がない。

だからもちろん、あの子のことも知らない。


「佐山さん、この間声かけてたのって、三浦ですよね?」

「あの子、三浦って言うんや」

「知らないのに声かけたんすか?勇者っすね...」


1年の杉原遼。この秋から、正捕手。

1年夏からベンチ入り。元々のシニアでの評判もかなり良かったからな。実力もあるし。


「俺、中学同じっすよ。なんなら小学校から」

「あの子ソフト部かなんか?」

「あ〜...っと.....」


遼の歯切れが悪くなる。

不思議に思ったが、これ以上詮索するのはあの子に申し訳ない気がして、やめておいた。


「マネジ。あの子なら向いてると思ってさ。辞めなさそうやし、野球好きそうやし」

「それで声かけてたんすね。あいつ、野球めっちゃ好きですよ。高校野球とかやなくて、とにかく野球が好きで」


やっぱり。俺の目は間違っていなかったと思った。

次の試合、見に来てくれるかな。

< 3/ 11 >