ケータイ小説 野いちご

泣き顔

泣き顔

教室の戸を開けたら、そこには……泣いている佐伯さんがいた。

放課後。

夕日が照らす教室。

長い黒髪の佐伯さんがハンカチを握りしめて静かに泣いてる姿は美しくて、つい見とれてしまった。

「……!」
 
戸の開く音に気が付いたのか、ゆっくりとこちらを振り返った佐伯さんは酷く驚いている。
大きく見開いた瞳が一つ瞬きすると、ぽろりときれいな涙が一粒零れた。

「……ごめん」
 
ガラガラと音を立て、開けた戸を再び閉める。

閉まる戸の隙間から見えた佐伯さんは真っ赤になっていた。

……はぁーっ。

戸を背にため息。

ごめん、佐伯さん。
いるなんて知らなかったんだ。

背後の教室から物音はしない。

< 1/ 2 >