ケータイ小説 野いちご

私は君と最初で最後の恋をする【完】

新たな出会い

そして着いたのは
すごーく高いマンションの最上階

こ、この人ってホントは金持ち?

私が入るのを躊躇していると

?「早く入れよ」

星奈「は、はい」

そう言って私は部屋の中に入って行った

この瞬間から

私の運命の歯車が回り始めたのかもしれない

< 14/ 88 >