ケータイ小説 野いちご

ペットな彼女の甘え方

走れ仔犬!!

side 実瑠来


「うわぁ…美味しそうっ」



私は今、家庭科実習室を覗き見中。


廊下を歩いていたら、なんだか甘い匂いがして。

その匂いを辿ってきたら、ここに着いたわけ。



ふむふむ。


ん…?

こ、この匂いはっ…!!




「ガトーショコラだー!!」



興奮のあまりに大きい声を出してしまったもんだから、実習室にいた女の子達が一斉に私の方を振り返った。



しまった…っ。

謝らないと!



「あ、あの…ごめんなさ…」


「「実瑠来ちゃんだー!!」」



……へ?



「実瑠来ちゃん、これ食べて!!」


「あ、ズルイ!私のも食べてーっ」




女の子達は、完成したばかりのガトーショコラを私の所へ次々に持ってきた。



えと…。


何が何だか分からないけど…。



「た、食べていいの?」


「「もちろん!!」」



え、本当に食べていいの?


そういうことなら…。




< 61/ 77 >