ケータイ小説 野いちご

キミの好きがほしい

私の彼氏クン
告白






____高校一年生の春



入学したての私は先輩に一目惚れした。



名前は長妻 翔«Kakeru Nagatuma»。




2年生で学校1かっこいいらしく入学式当日なのに1年生はその話題で持ちきりだった。




長妻先輩は誰にでも優しくて頭も良くて運動神経も良くて......きっと女子はみんな好きになるんだと思う。



現に私も好きになったその中の1人だ......




しかし先輩だけあって何の接点もなく月日だけが過ぎた。




今日も普通の学校生活を送っていた。










ク女「る、瑠歌ちゃーん!!!せ、先輩が呼んでるよ!!!


瑠歌ちゃん先輩と知り合いなの!?」



......先輩?





誰かな?




急いで廊下に出るとそこには長妻先輩が立ってた。




何故?と思いビックリして固まっていると




翔「えーっと......話したい事あるからちょっといいかな?」





先輩は少し顔を赤らめていた。




< 3/ 97 >